歯科医の間でも見解が分かれている/3MIX−MP法:虫歯を削らず薬で治す歯科治療

3MIX−MP法、患者の為の歯科治療
3MIX-MPでの虫歯治療

TOP>歯科医の間でも見解が分かれている

3MIX−MP法は歯科医の間でも見解が分かれている

3MIX−MP治療に関する過度の期待

3MIX−MP法に関しては、その元となった治療法3MIX法の開発者である、前・新潟大学文部科学教官・大学院教授の岩久正明先生 は自身のHPで

3MIX−MP法の報道にある「削らないう蝕の治療」法は、残念ながら現在もありません。できるだけ残してこの薬剤で殺菌を図る場合でも、 かなり柔らかい感染組織は元には戻らないし、その上に修復はできないので破壊された組織を取り除くことは避けられません。

細菌を殺す良い薬、歯に優れた接着性のある材料など、新しい治療法の開発で、最近では削る量は少なくなりましたが、全く削らない治療は 不可能です。

3MIX−MP法では、再治療が無いとの表現は適切ではない。修復した歯に再治療の必要性が起きる最大の理由は、治療に使われた薬よりも、 患者さんの治療後の手入れの良し悪しである

という趣旨の発言をされており、過度の期待に対して警告及び、戒めてをされています。(実は、3MIX−MP法治療に対するこうした意見は、 全国の歯科医レベルで見ると比較的多く見られます)


虫歯治療による安全性や遺伝子レベルの影響の説明

又、3MIX−MP法は抗生剤を使用する治療法の為、遺伝子レベルでの影響が出るかもしれないといった点での説明をはじめとした安全性や 治療の効果、費用の事を充分に説明した上で患者からの承諾を得て治療に当たらなければならないとしています。

↑この点を更に突っ込んで、「3MIX−MP剤を患部にずっと入れておく」「疾患部分を残しておく」事自体についても反対意見を表明 している歯医者さんもいらっしゃいますね。。

3MIX−MP法での虫歯治療の理論について、どれが正しいのか正直分かりません。。ただ重要なのは、患者自身がそういった事を知って、 その上で治療を受けるかどうかの判断すると言う事でしょうね。


日本歯科保存学会の公式見解は

保存領域の治療に常用する薬剤としては、現状では容認しがたい。という見解が出されているようです。回りくどい言い方ですが、要は、 3MIX−MP法による虫歯治療は、学会レベルでは正式な歯科治療方法としては認められないよ、という事ですね。



リンク

copyright© 2006-治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法 All Rights Reserverd.
治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法の許可なくサイトコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。