今までの治療とどう違うの/3MIX−MP法:虫歯を削らず薬で治す歯科治療

3MIX−MP法、患者の為の歯科治療
3MIX-MPでの虫歯治療

TOP>今までの治療とどう違うの

3MIX−MP法は今までの歯科治療とどう違うの


歯を削る部分、痛みが共に少ない

今までは虫歯治療と言えば、「虫歯になった歯を完全に削り取る」というものでした。(←勿論、今でも現役ですが)

今までの虫歯治療
虫歯になった部分をドリル?で削る

詰め物をする

金属などで被せ物をする

でも、3MIX−MP法はあえて虫歯部分を残し、そこに3種類の抗菌剤を混ぜた薬剤を充填し、虫歯菌を殺していく治療法ですので、 必然的に歯を削る部分や、それに伴う痛みをかなり抑える事ができるんですね。

3MIX−MP法を使った虫歯治療
虫歯になった部分を少しドリル?で削る

その部分に薬剤を詰める

その上に詰め物をする

金属などで被せ物をする


3MIX−MP法は抗菌剤で虫歯菌を殺菌?

そもそも、「虫歯」とは、う蝕(うしょく、と読みます)と言って、口の内のミュータンス連鎖球菌などの細菌らが糖質から作った酸により、歯が脱灰されることにより起こる歯の実質欠損のことを言います。

ちょっと難しいですが、単純に言えば、虫歯は「虫歯を作る菌」が原因ですので、これを殺す事ができれば、問題無いわけです。

その「菌」を殺す為の薬や治療が3MIX−MP法なんですね。(でも、虫歯によって既に穴が開いてしまっている場合にはきちんと 詰め物をしなければいけません。3MIX−MP剤では歯を再生するまでには至らないのです)



リンク

copyright© 2006-治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法 All Rights Reserverd.
治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法の許可なくサイトコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。