どんな薬を使っているの?/3MIX−MP法:虫歯を削らず薬で治す歯科治療

3MIX−MP法、患者の為の歯科治療
3MIX-MPでの虫歯治療

TOP>どんな薬を使っているの?

3MIX−MP法では、どんな薬を使っているの?

メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロキサン

3つの抗菌剤、抗生剤を混ぜて使用します。詳しいことは歯医者さんではないので分かりませんが、この3つの薬を混ぜて患部に詰めることで、 虫歯菌が完全に死ぬ(殺菌させる)事ができるようです。

本来、これらの薬は錠剤になっており、粉末にしてから使うようです。(どうも、粉末状にしてからの持ちが悪いようです。その為、 粉末にしてからは、保管にかなり気を使うようですね)


基材を加えて治療薬剤が完成

混ぜて作った3種類の抗菌剤に基材を加えて治療に使う薬剤は完成します。

基材

まぁ、例のごとく素人には分かりませんが、この2つの薬剤(MP)を混ぜないと当然ダメなんですね。。3種混合の抗菌剤を基材で 溶かすとういうイメージでしょうか。。。でも、怪しい薬ではないみたいです。 皮膚科で使う軟膏と食品の添加物としても使われているものだそうですよ。

だから、虫歯の治療にも安心して使う事ができるんです。


3MIX−MP剤は保管、管理が難しい

3MIX−MP剤の保管には完璧な密閉、遮光が必要です。(空気中の湿度や光によって薬が変質してしまうのです)ですので、 宅重先生のHPをはじめ、3MIX−MP法を解説しているサイトでは必ずといって良いほど同様の解説が為されています。


治療に使えるまでに調合した薬は適切な効果を出す為には1日しか持たないのだそうです。もう、完全な生ものですね。これだけ見ても、 この治療方法が患者が考えるほど簡単な治療方法ではない事が伺えます。。



リンク

copyright© 2006-治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法 All Rights Reserverd.
治療を受ける患者の為の歯科治療・3MIX−MP法の許可なくサイトコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。